【介護サービス ニュース 障害福祉】kaigo-kyuujin ⇒現場に失業者雇用、資格取得をサポート 介護職員養成事業、県が利用施設募る

2009年12月29日

現場に失業者雇用、資格取得をサポート 介護職員養成事業、県が利用施設募る

(山形新聞より)

人手不足が指摘されている介護分野の人材を確保するため、県は、介護職員の養成事業を展開する。国の緊急雇用対策の一環で、経験のない失業者が介護の現場で働きながら、資格を取得できる態勢をサポートする。

 「県介護雇用プログラム推進事業」は、特別養護老人ホームや老人保健施設などが、資格を持たない失業者を新たに介護従事者として求人、雇用。約1年間、施設で働いてもらいながら、介護労働安定センター山形支部(山形市)が実施する「介護職員基礎研修課程」を受講させる。

 研修は約500時間で、うち140時間の実習は、各施設での勤務を兼ねる仕組み。

 この間の賃金と研修費は、県が約350万円を上限に負担する。雇用しながらの養成で、短期・中長期的な労働力の確保につなげる狙いだ。

 事業期間は来年2月1日から2011年1月末まで。1事業所あたり2人程度の雇用で、計50人を想定している。県は、事業を利用する施設を1月8日まで公募する。問い合わせは県長寿社会課023(630)3120。








posted by 介護サービス ニュース 福祉事業 at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | kaigo-kyuujin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
受講料最大100%キャッシュバック!⇒介護の資格講座なら介護教室『ほっと倶楽部』

ケアマネ試験一発合格脳プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。