2010年07月31日

介護福祉士試験 3年間延期

介護福祉士試験:600時間受講、3年延期 人手不足受け(毎日jpより)

 介護福祉士国家試験の実務経験者の受験資格を巡り厚生労働省は29日、07年法改正で導入した600時間の養成課程の義務付けを3年間延期する方針を決めた。12年度からの実施予定を15年度とする。介護現場の人手不足や、資格取得を目指す介護職員を抱える事業者らの対応が間に合わないことなどが背景にあり、延期には法改正が必要となる。

 現行では介護福祉士は3年以上の介護職員の実務があれば受験できる。介護サービスのニーズの多様化を受け、国は07年の社会福祉士・介護福祉士法改正で、有資格者の人材向上のため、13年1月実施の試験から実務経験に加え、国指定の専門学校などで6カ月(授業時間など600時間)以上受講することを義務付けた。
posted by 介護サービス ニュース 福祉事業 at 00:16 | Comment(1) | TrackBack(19) | 介護福祉士 資格 試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

働きながら介護資格取得 参加者を募集 緊急雇用対策の一環

働きながら介護資格取得 鹿児島県が参加者を募集
(南日本新聞より)
鹿児島県は、失業者や未就職者らが介護施設に勤めながら資格を取得する「介護雇用プログラム」の参加者を8月から募集する。

 国の緊急雇用対策の一環。本年度から2011年度までの2年間で、介護資格のない人が対象。ハローワークを通じてグループホームなどに就職、働きながら専門学校などに通い、ヘルパー2級か介護福祉士の資格取得を目指す。今回の募集はヘルパー2級だけで、190人の予定。

 雇用はヘルパーが1年、介護福祉士は2年の有期契約。雇用期間終了後、事業所には正規職員として雇用する努力義務がある。賃金と、資格取得の講座や学費は県の基金から支出し、予算は約8億円。4月の1回目の募集では県内66法人に約210人が就職した。

 今春高校を卒業、同プログラムを利用し4月に鹿児島市内のグループホームに就職した向江光さん(18)は「ヘルパー2級の取得を目指している。体験しながら勉強できるので分かりやすい」と話す。県介護福祉課=099(286)2676。
posted by 介護サービス ニュース 福祉事業 at 19:28 | Comment(1) | TrackBack(1) | 無資格 未経験 ハローワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
受講料最大100%キャッシュバック!⇒介護の資格講座なら介護教室『ほっと倶楽部』

ケアマネ試験一発合格脳プログラム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。