2007年03月19日

ブレイクタイム

転職・就職活動中で、生活に困っている方へ朗報!

【ゆうゆうLife】失業…介護ヘルパーに転身 「やりがい、限りない」

 不況のために職を失い、介護ヘルパーに転職する人たちが増えている。全国で350万人もの人が失業中という不安定雇用の時代にあっても、慢性的な人手不足に悩む介護現場は“超売り手市場”。未経験者でも、資格とやる気がある人には門戸が開かれている。国や自治体も、ヘルパー2級などの介護資格を無料で取得できる助成制度を充実させ、失業者を積極的に介護現場に送り出している。(清水麻子※産経ニュースより)

 「どうされましたか」。2週間前から埼玉県内のデイサービスで介護ヘルパーとして働き始めた林俊孝さん(56)が高齢者たちに優しく声をかけると、浮かない顔をしていた高齢の男性が笑顔をみせた。

 「認知症の方は、昔話で反応が良くなることがある。試用期間のうちに、さまざまな介護のコツを習得したい」と話す林さんは、不動産会社に勤めるサラリーマンだった。

 ヘルパーを目指したきっかけは失業だった。3年前、認知症の実母の介護のため、会社を辞めた。その後、母が他界したため派遣会社に登録して働き始めた直後、リーマン・ショックが起き、職を失った。

 「ハローワークに通い約100社に申し込みましたが、年齢のせいでしょう、どれも断られた。末の子供がまだ高校生でお金がかかる。途方に暮れてしまった」と林さん。

 そんなとき、ハローワークで東京都の「TOKYOチャレンジ介護」制度を知った。失業者は、介護施設などで働くために必要なヘルパー2級資格の取得講座を無料で受講でき、試用期間中の生活費などを最大95万円まで無利子で貸してくれる。就職して半年たてば、すべて返済が免除されるという。早速、申し込んだ。

 初めての職種に不安がなかったわけではないが、サラリーマン時代、老人保健施設のメンテナンスにかかわったときのことが頭をかすめた。気むずかしそうな高齢女性が、50代のベテラン介護ヘルパーだけに心を許し、女性の家族がヘルパーに「ありがとう」を繰り返していた。

 「不動産会社では十何億円のお金を動かし、すべてが金の世界だった。でも介護は金という見返りを求めず、人に感謝される仕事。残りの人生を介護にかけるのもいいと思った」

 林さんは無事ヘルパー2級を取得、介護事業を立ち上げたばかりの会社に採用された。“3K職種”と評されることもある介護現場だが、林さんは「今の時代、きつくない仕事はない。介護職のやりがいは限りないはず」と前向きだ。

 「TOKYOチャレンジ介護」事務局((電)03・5155・7801)によると、林さんが利用した「離職者支援コース」では、希望があれば一時住居も確保している。ほかにも一定所得以下の人を対象に資格取得後に10万円の奨励金が支給される「資格取得コース」がある。

 同事務局の新津伸次所長は「すでに70人以上の人が就職したが、『助かった』という方がほとんど。月給は減るかもしれないが、先行きを考えると介護職の方が安定していてよいと判断される人も増えている」と話す。

■資格取得 広がる支援策

 東京都に限らず、失業者に対してヘルパー2級の資格取得費を助成する制度は全国にある。

 厚生労働省によると、失業した場合は、全国のハローワークでヘルパー2級資格を無料で取得できる。今年度からは、介護福祉士の資格取得費(約2年間で216万円上限)を助成する制度も始まり、現在、全国で約2700人が訓練中だ。

 一方、栃木県▽埼玉県▽静岡県▽横浜市▽広島県東広島市−などの自治体でも、ヘルパー2級などの資格を取得したい人向けに独自の制度がある。職を失った後、いったん介護施設などに無資格で就職しても、後から資格を取得できるなど支援の内容はまちまちなので、居住の自治体に直接、聞いてみたい。

 ユニークなところでは、人口約7000人の島根県吉賀町で、派遣切りにあった人などを対象に「福祉留学生」を募集している。

 自然が豊かな町内の専門学校に入学して介護福祉士や社会福祉士、看護師の資格を取得し、5年間、町内の介護施設などで職務に就いた場合、町が貸与した入学金や授業料の返還を免除する。町総務課によると、来年度入学者分について今年度中に募集する予定という。

 ちなみに自治体の制度は、厚生労働省の制度とは同時に使えないのでご注意を。

posted by 介護サービス ニュース 福祉事業 at 16:30 | Comment(114) | TrackBack(929) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

浦島太郎について

浦島太郎の話が私たちに教えているのは、

人は須らく “「いま」「ここ」に生きよ”

ということではないかと思うのです。

“過去を思うな
 未来を願うな
 今なすべきことをなせ”


致知出版社社長 藤尾秀昭の「小さな人生論」より引用
http://ameblo.jp/tiisana-fan/

“未来を願うな”の部分は、あくまでも

“希望は持つのは良い事だし大事だが、しっかり人事を尽くしなさい、
 自分以外に、お願いばかりしていてはいけません”

との戒めであると思います。
posted by 介護サービス ニュース 福祉事業 at 16:32 | Comment(1) | TrackBack(509) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

一度使ったらヤミツキでした

【PDF-XChange Viewer】
http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/pdf/pdfxchange.html

v2.0(Build 42.4) (09/09/08)
タブ切り替え型で軽快に動作するフリーのPDFビューワー

 タブ切り替え型で軽快に動作するフリーのPDFビューワー。複数のPDF文書をタブで切り替え表示できるほか、開いているすべてのタブをサムネイル表示することも可能。閲覧中のPDF文書内へ、四角形や円の囲み線を描き込むことができ、プロパティ画面で線の色や太さを設定可能。また、任意の場所へ文字を入力したり注釈を埋め込む機能も備えている。これらを描き込んだPDFは、上書き・別名保存することが可能。さらに、PDF文書内の選択ページや文書全体を画像としてエクスポートする機能も備える。対応する画像形式は、BMP/JPEG/GIF/PNG/TIFFなど。そのほか、印刷、検索、表示領域の拡大・縮小といったPDFビューワーとしての基本的な機能も備えている。


■作者情報
【著作権者】 Tracker Software Products Ltd.
【作者ページ】http://www.docu-track.com/
(窓の杜より)
posted by 介護サービス ニュース 福祉事業 at 23:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

超“便利”なエクセル

以前、エクセルを使った業務における効率アップの
仕掛け人と云っても過言ではない企業様にデモを見せて頂きました。
エクセルそのものの制限もある為、小規模なシステムに
“特化”した事業をされています。

私の好きなランチェスター戦略に当てはめても、
“商品”が特化しており“客層”がきっちり絞られ、
差別化されていますので今後、おもしろいと
期待している企業でもあります。

やはり最初は、“小さく”、“質を高め”、
“大企業のやれない事をやる”、バッチリです。

下記が同企業のデモ動画です。(ユーチューブで見れます。)

Excel 業務効率化:受注データのcsv変換



Excel 業務効率化:売上自動集計



Excel 業務効率化:受注フォームのMail送信
posted by 介護サービス ニュース 福祉事業 at 02:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

ブレイクタイム


けがによるひざの痛みに 医師が考案した「お医者さんのひざベルト」

ひざの運動を無理なく支え、ひざの痛みを和らげます




私の個人的な愛読書についてご紹介します。
あのランチェスター法則をビジネスに応用し、
かつ具体的に事例を挙げ、分かりやすく書かれている本です。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%8A%9C%96%EC+%8D%8E%8C%C8&x=21&y=20

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%92%7C%93c%81@%97z%88%EA

“弱者の戦略”、良い響きですね。中にもありますが、
テレビや雑誌などメディアは、殆どが“大企業の記事”がメイン。
やはり広宣費も出せますし、記事広告も多い。
でも世の中の約“9割以上”は、30人以下の“中小企業”。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【竹田陽一先生】 経営コンサルタント。
 ランチェスター法則を研究し、ビジネス、経営への応用、
 著書、教材も 有名ですがもともと東京商工リサーチの
 トップセールスでおられ、
 数千社の企業調査の実績も多数。講演・セミナーも
 多数行なっていらっしゃいます。

コンサル成功セミナー本編その@byベンチャー大学の栢野 ランチェスター


コンサル成功質疑Abyベンチャー大学の栢野 弱者の戦略 ランチェスター


インタビュー(ダイジェスト版)
http://www.cowtv.jp/channel/boss/046takeda/00.php
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【栢野克己先生】経営コンサルタント。
 小企業家向けに“弱者の戦略”などを
 多数の成功事例を用いて、わかりやすく伝え、
 全国の商工会、アジア圏などでの講演実績多数。
 今までに、経営者を集めた勉強会を1000回以上開催。
 東京商工会のイベントで、基調講演も行なっていらっしゃいます。
        
講演F/ベンチャー大学の栢野 ランチェスター


インタビュー(ダイジェスト版)
http://www.cowtv.jp/channel/boss/005kayano/00.php
posted by 介護サービス ニュース 福祉事業 at 11:53 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
受講料最大100%キャッシュバック!⇒介護の資格講座なら介護教室『ほっと倶楽部』

ケアマネ試験一発合格脳プログラム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。